謎のオブジェ

先日、浜松の骨董市に行ってきました。

折角なので、1つ気になったものを買ってきました。

これは何でしょうか。何だかわかりませんが、どうも気になります。不思議なオブジェです。わかる方がいれば是非とも教えていただきたいものです。

購入時に店主の方から、「顔みたいだね」ということと「完品です」とのことだったので何かの一部ということもなさそうです。

・透明なガラスの中には黄色い何かが注入されています。

・黒い模様のようなものが2点あります。

・上の方に突起が4つあります。

・手のひらでつかめる大きさです。

 

《手がかり》

メーカーのシールがあります。「EISCH Handarbeit」との記載があります。また、象に羽の生えたマークがあります。

EISCHはドイツのグラスメーカーのようです。Handarbeitはドイツ語で「手作り」といった意味があるようです。

f:id:castanopsis:20180814210902j:plain

EISCHのキーワードからGoogle検索し、少し似たオブジェの画像を見つけましたが、詳しいことは不明です。「My Little Hair Touch sculpture」で検索すると、装飾は全く異なりますが、形が似ているようなものがヒットします。

 

《色んな角度から》

f:id:castanopsis:20180814211507j:plain f:id:castanopsis:20180814211540j:plain

f:id:castanopsis:20180814211644j:plain f:id:castanopsis:20180814211725j:plain

f:id:castanopsis:20180814211809j:plain f:id:castanopsis:20180814211839j:plain

夢を描いた青年 石田徹也展 ~翔けぬけた10年のキセキ~

家の近くの博物館にて、石田徹也さんの展示をしていたので見てきた。

隣町の焼津市出身の方だということ、独特な絵の印象が強いこと、若くして亡くなったことは知っているが、その他の情報は知らない。館内では、丁度常葉大学の学生さんが解説をしてくれており、300円で至れり尽くせりだ。

彼の絵を見た人は、それぞれ色んなことを思うのだろう。私が強く感じた2点について、感想を書きたい。

 

1.井川遥さんが好きだったようだが、いいのか…

展示物の中に、本人の部屋に飾ってあったとされる井川遥さんのポスターがあった。また、井川遥さんを描いたとされる人物画があった。

石田徹也さんは31歳という若さで亡くなったそうだ。彼の生きた90年代は私の生きた年代でもある。彼の好きだったであろうゲームやアニメなど展示されていたものは、私にとっても懐かしいものも多かった。それ故か、少なからず自分と重ねてしまう部分もあったのかもしれない。

私が死んでから、昔好きだったタレントのポスターや、ちょっと好きだったから「描いてみた」絵、何となくスケッチしてみたり、思いついたことを書いたあのノート(黒歴史)。あれやこれやが世間に公開されてしまったら!ああ!どうしよう!

向こうで「うあああああ!!」とか叫びながら転げまわっていないだろうか心配になる。大丈夫、私はまじまじとは見ていません。

 

2.無題、背中から木が生えている男の絵

展示物全て撮影可だったので、下に載せる。

・男の背中に木が生えている。

・男は振り向いている。悲しそうだ。

・パソコンの画面に変な顔のアイコンがある。SadMacに見える。

・マウスが指になっている。

・昔のゲームの地下階段がある。

以上のことから、背中から木が生えるほどゲーム廃人になってしまった男だったが、SadMacが発生し、これ以上ゲームをすることができなくなってしまった。しかし、頭の中ではまだゲームをしているような感覚で、画面を操作する指だけでもゲームを先に進めたいと思っているようだ。しかしSadMacである。対処方法は私にはわからない。どうしよう…と助けを求めている…そんな顔に見える。

ゲーム中に突然ハードの不具合でゲームができなくなってしまった、その時の感情は「不安」。共感できる。この後、彼は現実と向き合うことが出来たんだろう。

f:id:castanopsis:20180812175714j:plain

 

***

たぶん、もう一回くらいはお盆休み中に行くだろう。

スマホのカメラとトンネル

暫く前に、車中にて渋滞情報をカーナビで検索していたところ、石仏トンネルが通行止めだという情報が出たので、何だか気になって今日走って見に行ってきました。

 

情報通り、工事中で全面通行止めとなっていました。人はいません。

f:id:castanopsis:20180107231242j:plain

 

全くわからない話ではあると思いますが、

ここは僕の大好きなコースのひとつで、第二東名岡部インター近くの県道81号線より、山を越えて瀬戸谷方面に出ることができます。

3月には藤枝マラソンがこの近くであります。ハーフのコースは途中5kmで300mを駆け上がる難儀な大会です。何度か参加していますが、この大会の練習にもってこいの山道なのです。家から行けるし。

 

さて、石仏トンネル。検索してみると心霊スポットとして紹介されていました。トンネル自体は距離もなく、怖いとは思いませんが、ここに来る途中にあるもうひとつのトンネルが非常に怖いです。

トンネルの名前はわかりません。静岡市にある明治のトンネルも走りに行きましたが、あそこよりも天井が低く、狭い。怖い。

写真をと思いましたがスマホのカメラのエラーで撮ることができませんでした。以前明治のトンネルに行った時もそうだったのですが、なぜかトンネル近くだとカメラが言うことを聞きません。これはオカルト的な何かがあるに違いなく、後ろを振り向かずに帰ってきました。

https://www.google.co.jp/maps/@34.9222765,138.2209078,3a,75y,336.84h,82.93t/data=!3m6!1e1!3m4!1s68eUQbeFbr1KE-48rxqJYw!2e0!7i13312!8i6656

 

 

 

黒くなった爪について

昨年末のフルマラソン完走後、左足の親指の爪が内出血により黒くなりました。

フルマラソンは初めて歩かずに完走できたのですが、いつもより親指にテンションがかかっていたのかもしれません。

 

既に黒くなってから6か月ほど経過しており、内出血部分も新しい爪に生え変わってきてはいますが、まだまだ黒い部分が残っています。1週間ほど前から爪の付け根の部分に出血のような、膿みのような何か怪しい前触れを発見しました。

ちなみに痛みはありません。今でも走っています。

怖くなり、お風呂上りにマキロンで消毒をしていましたが治りません。意を決して病院に行くことを決心しました。

 

「意を決して」とは、それに至るまでには並々ならぬ決心が必要だったのです。

なぜなら同じ症状の治療方法をネットで検索すると・・・

 

  • すぐに爪をはぎ取られる。
  • 麻酔なしではぎ取られる。
  • 爪はぎとりの拷問がある。

 

というものをよく目にします。

そういえば、父もランナーなので、先日見せたところ、「病院に行った方が良い」というアドバイスと共に、「はぎ取られるけどね」という嫌なことも言われました。しかし、人情としては安心したいので、肯定的な意見も検索します。

 

  • はぎ取られない場合もある。
  • 最近ははぎ取らずに治した方が良いという風潮がある。
  • はぎ取るか取らないかの権利は患者にある。
  • 麻酔をしてからはぎ取ってくれることもある。
  • 爪はぎとりの拷問とはこういうものである。

 

もう不安しかありません。

うちはとても田舎なので、病院に麻酔が無いかもしれません。

しかし、行かなかったらもっとひどいことになるかもしれません。

そういえば中学校の頃、通学路に黒井医院という病院があったような気がします。もうありませんけど。あそこは黒魔術で治すと思っていたので、近づきませんでした。初期のエコエコアザラクは同級生も酷い目に合っていたような気がします。

 

***

 

「意を決して」朝一番に近くの皮膚科に行ってきました。車で行きましたが、駐車場がいっぱいなので、帰って、歩きで行きました。歩いて1.5kmほどでした。初診なので問診票を書きました。小さく「はぎ取られないか心配です。」と書きましたが、それも先生に申し訳なかったので「はぎ取るときは麻酔をしてください。」と書きました。人がたくさんいて、「1時間ほど待ちます。」とのことだったので、一回家に戻り、改めて車で伺いました。私の前の子が大泣きして診察を受けていました。私の名前が呼ばれました。先生が足を見せてくださいと言いました。先生に足の指を見せました。「あ~、なるほどね~」と先生は言います。

 

「新しい爪が生えてきてますね。大丈夫です。」

○「付け根が怪しいのですが・・・」

●「全く問題ありません。経過観察です。」

○「走っても大丈夫です?」

●「全く問題ありません。」

○「毎日お風呂上りに消毒をしていました。」

●「消毒はやめてください。」

○「薬は出ますか。」

●「出ません。不要です。」

○「次回いつ来たらいいですか?」

●「来なくていいです。」

○「ありがとうございました。」

 

後で調べたところ、皮膚科専門医の先生でした。

今後の予想経過も含め、とても丁寧に説明もしてくれたので安心しました。

なんだか指が治ってきたような気がします。

汚い爪ですが、参考に写真を撮りました。

f:id:castanopsis:20170617205457j:plain

ちょこちょこ走る

最近は1日おきに10km程度を軽く走っています。

 

膝痛いもなくなりました。

 

先週は仕事が忙しくなかなか走ることができませんでした。

自宅から会社までは約20km。田舎なので自動車通勤です。

会社にシャワーでもあれば、行きは走って、帰りは電車で…なんてことができそうですが、なかなか難しいですね。

以前、行きは車で送ってもらい、帰りに走って帰ってきたことがありました。予想通り20km程度でしたが、残業が確実に無い日に実施せねばなりません。

港方面を走る

16kmほど走りました。

6:30/kmペースでゆっくり。港方面に向かって。

膝も問題ありません。

 

今日は晴れてはいましたが、富士山はくっきり見えはしなかったな。

 

うっすら。

f:id:castanopsis:20170505095149j:plain

 

途中、お婆さんが側溝のところに倒れていたので、驚いて駈け寄ったら、ドブ掃除でした。

膝痛いので歯医者に行った

歯医者に行ってきました。

汚れてきたので綺麗にするのが目的です。今日は空いていたからかわかりませんが、丁寧に掃除をしてくれて真っ白になりました。

汚れについて「茶渋がスゴイ」とのことです。

 

▲ 歯を磨いた後で、茶を飲んで寝てませんか?

〇 寝てません。

〇 但し、日中はお茶を飲みまくってます

▲ それかもです。

 

昼休みも歯を磨こうかなぁと思います。